2024年度7月研究例会のご案内

Information of Monthly Regular Meeting July 2024 (The 221th Meeting of Opera Research Group)

English follows Japanese

2024年度7月研究例会(第221回オペラ研究会)

◆日時:2024年7月13日(土)16:30 – 18:00
◆開催方式:ハイフレックス形式(対面とZoomによるオンラインの併用)

1)対面参加
会場:早稲田大学 早稲田キャンパス3号館406教室
アクセス情報 https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus
※対面でご参加の方は事前予約不要です。直接会場にお越しください。

2)オンライン参加
事前登録が必要です。参加希望者はできるだけ前日の7月12日(金)までに以下のURLから事前登録をしてください。
URL: https://list-waseda-jp.zoom.us/meeting/register/tJEld-ytqD8oGdCnCjgC3OoI2GEaNlQGMdP6
※Zoom自動登録制なので、主催者側からはズーム招待状をお送りしません。(なお飛び入り参加も可能です。)
※ご出席の際フルネームの表示をお願いします。発言時以外はミュートおよびビデオ・オフにしてください。スクリーンショット撮影、録音、録画等は厳にお控え願います。また司会者の指示にしたがってください。

◆発表者:加藤 恵哉
◆所属:東海大学
◆題名:『ワーグナー「ファルーンの鉱山」におけるE.T.A.ホフマンの影響とドイツ的要素導入の試み――ワーグナー『タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦』と比較しつつ』
◆発表言語:日本語

◆概要:
リヒャルト・ワーグナーは『タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦』の創作と前後し、作品のアイデアをいくつかの草稿にまとめた。その1つであり作品化の機会に恵まれなかった『ファルーンの鉱山』は、地下の異界とそれを取り巻く人間社会という舞台設定が『タンホイザー』と共通しており、なおかつ『ファルーンの鉱山』はE. T. A.ホフマンの小説、『タンホイザー』はルードヴィヒ・ティークおよびホフマンの小説を下敷きに書かれていることから、どちらもロマン主義の小説作品の影響を強く受けていると言える。本発表は『ファルーンの鉱山』、そのモチーフとなったホフマンの同名の小説、ならびに『タンホイザー』のテクストを比較しつつ、共通した特徴を持つ2作品のうち『タンホイザー』のみ脚本を完全な形で仕上げ、オペラ作品として完成させたワーグナーの意図はどのような点にあったと言えるか、そして『ファルーンの鉱山』の創作の試みが『タンホイザー』や他の作品に与えた影響があったとするならばそれは何であったかという問いに焦点を当てる。また、ワーグナー研究において顧みられる機会の少ない『ファルーンの鉱山』の研究意義の考察を試みる。

◆発表者プロフィール:
1988年静岡県生まれ。上智大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学、2021年3月に博士(文学)学位取得。現在、東海大学ほか非常勤講師。研究テーマは、リヒャルト・ワーグナーによる19世紀の諸思想の受容と作品内における表現。主な論文に、「ワーグナー『ニーベルングの指環』初期構想と作中の為政者像の変遷」(『上智ヨーロッパ研究』第11号)、「ワーグナー『恋愛禁制』におけるイザベラ ─シェイクスピア作品の翻案とラウベからの思想的影響─」(『上智ヨーロッパ研究所』第14号)などがある。

◆司会者 : 北川 千香子

次回例会開催予定日:2024年10月5日(土)
発表者:井上 登喜子
司会者:森本 頼子

早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所:https://prj-opera-mt.w.waseda.jp/
e-mail address: operaken-uketsuke[at]list.waseda.jp ([at] = @)
(この例会案内は後ほど Facebookと X(旧Twitter)でも発信されますので、そちらでも見ることができます。)


Monthly Regular Meeting July 2024 (The 221th Meeting of Opera Research Group)

Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organization,Waseda University

◆Time and Date:  July 13th (Sat.) 2024, 16:30-18:00 (JST)
◆Format: Hiflex (On-Campus and Online meeting (Zoom))

1) Participate in person
Venue: Waseda University, Waseda Campus, Room 406 of Building 3
Access: https://www.waseda.jp/top/en/access/waseda-campus
*No advance registration is required.

2) Participate Online
Registration is required by June 14th (Fri.). Please register through following URL:
https://list-waseda-jp.zoom.us/meeting/register/tJEld-ytqD8oGdCnCjgC3OoI2GEaNlQGMdP6
*Please show your full name on the display, mute yourself and turn of the video except when talking, refrain from taking screenshots, recordings etc. and follow the moderator’s instructions.

◆Presenter: KATO, Keisuke
◆Affiliation: Language Education Center, Tokai University
◆Title: “The influence of E.T.A. Hoffmann on Richard Wagner’s Die Bergwerke zu Falun and the attempt to introduce ‘deutsch’ elements into it, comparing it with Wagner’s Tannhäuser und der Sängerkrieg auf Wartburg
◆Language: Japanese

◆Abstract:
Die Bergwerke zu Falun (1841-1842) is one of Richard Wagner’s projects for which no music was ever written. This work has many features in common with Tannhäuser und der Sängerkrieg auf Wartburg, which was drafted around the same time. The setting of Die Bergwerke zu Falun, for example, is a mountainous underground world and the human society surrounding it, similar to that of Tannhäuser. In addition, both works are partly based on works by Romantic novelists: Die Bergwerke zu Falun cannot be discussed without the influence of E.T.A. Hoffmann, nor Tannhäuser without the influence of Ludwig Tieck and Hoffmann. This presentation will examine the libretto of Die Bergwerke zu Falun, the text of Hoffmann’s novel of the same name, and the libretto of Tannhäuser, in order to find answers to the following questions: What were Wagner’s intentions when he selected Tannhäuser from two works that had common characteristics and completed the libretto in its complete form, and what influence did the attempt to create Die Bergwerke zu Falun have on Tannhäuser and subsequent works? It will also attempt to consider the research significance of Die Bergwerke zu Falun, which has rarely been considered in Wagner studies.

◆Profile of Presenter:
Keisuke Kato is a lecturer in German und German culture at Tokai University. His research field is German Literature, especially the plays and librettos of the 19th century. He focuses on the works of Richard Wagner (1813-1883) and their critical expression of European society. His PhD in literature (Sophia University, Japan, 2021) examined the figure of Wotan in Der Ring des Nibelungen as a characterization of numerous defects in the monarchy and Wagner’s disappointment in it. He is the author of “Die Wandlung der Herrscher-Figur von Wagners Die Sage von den Nibelungen und Siegfrieds Tod zu Der Ring des Nibelungen” (2018) and “Unter dem Einfluss von Shakespeare und Laube. Isabella in Richard Wagners Das Liebesverbot” (2022).

◆Moderator: KITAGAWA, Chikako

Next meeting: October 5th (Sat.) 2024
Presenter: INOUE, Tokiko
Moderator: MORIMOTO, Yoriko

Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organization, Waseda University: https://prj-opera-mt.w.waseda.jp/
e-mail address: operaken-uketsuke[at]list.waseda.jp ([at] = @)
(This information will be sent later by Facebook and X(Twitter). You can see it in them, too.)